高校中退からアートの世界へ

絵を描いていて根暗だと言われたり声をかけづらいと言われたりしたことはあるでしょうか。自分は黙々と絵の世界に没頭しているだけだとしても、クラスメイトの人達からしてみれば友達と話もしない人・怖くて話かけづらい人と思われることも多々あります。
そんなことを考えて仲間はずれにする人間が一番悪いのですが、自分の才能と可能性を守るために高校中退をして通信制高校を選ぶという選択肢もあります。


●通信制高校で学ぶ絵の技術

絵はとにかく描くことが大切です。最初は下手に見えても、回数を重ねることによってその腕はみるみる上達します。周りの目を気にして基調な高校生活で絵を描くことが出来ないのであれば、いっそそんな学校は辞めて自分の腕を磨くことが出来る通信制高校を選びましょう。
通信制でも絵やイラストのコースは沢山あり、授業も週に2回登校日の際に実技の勉強をすることが出来るよう設定されています。絵が好きな人が集まるクラスなので、誰も絵を描いていることを批判したりしませんし、好きなマンガやアニメの話で盛り上がり沢山の友人を作ることも可能です。


●画家を目指している高校中退の方へ

高校中退で仕事をしながら夢を叶えるために頑張っている方は沢山います。是非その夢を諦めないでください。自分の夢を叶えることが出来るのは自分だけです。そしてその夢は何故叶っていないのか、叶えるために何を変えるべきなのかをしっかり考えてください。
近道はありません、遠回りに見えてもその道があなたのベストなのです。