高校中退からアートの世界へ

絵を描いていて根暗だと言われたり声をかけづらいと言われたりしたことはあるでしょうか。自分は黙々と絵の世界に没頭しているだけだとしても、クラスメイトの人達からしてみれば友達と話もしない人・怖くて話かけづらい人と思われることも多々あります。
そんなことを考えて仲間はずれにする人間が一番悪いのですが、自分の才能と可能性を守るために高校中退をして通信制高校を選ぶという選択肢もあります。


●通信制高校で学ぶ絵の技術

絵はとにかく描くことが大切です。最初は下手に見えても、回数を重ねることによってその腕はみるみる上達します。周りの目を気にして基調な高校生活で絵を描くことが出来ないのであれば、いっそそんな学校は辞めて自分の腕を磨くことが出来る通信制高校を選びましょう。
通信制でも絵やイラストのコースは沢山あり、授業も週に2回登校日の際に実技の勉強をすることが出来るよう設定されています。絵が好きな人が集まるクラスなので、誰も絵を描いていることを批判したりしませんし、好きなマンガやアニメの話で盛り上がり沢山の友人を作ることも可能です。


●画家を目指している高校中退の方へ

高校中退で仕事をしながら夢を叶えるために頑張っている方は沢山います。是非その夢を諦めないでください。自分の夢を叶えることが出来るのは自分だけです。そしてその夢は何故叶っていないのか、叶えるために何を変えるべきなのかをしっかり考えてください。
近道はありません、遠回りに見えてもその道があなたのベストなのです。

高校中退してでも受けたい面白い通信制授業

通信制高校と言っても全く通学時間がない訳ではなく、通信制なのにも関わらず体育会系のコースや音楽・調理コースなどの実技重視のコースがあるなど、通信制高校はとても多岐に渡るコースを用意しております。
そこで今回は通信制なのに実技重視の面白いコースについてご紹介致します。


●高校中退からスポーツインストラクターへ

通信制高校なのにスポーツのインストラクターになれるという高校があります。高校中退を経験している方はわかるかもしれませんが、ほぼ部活のようなスタイルで授業を行います。普段の授業はレポート提出がメインですが、いざスポーツの授業となるとテニスやサッカー、バスケットボールなど自分が選んだスポーツを重点的に練習することが出来るのです。通信制の学校には高校中退を今からしてでも受けたいと思ってしまうコースがとても沢山あるのです。


●専門のコーチと練習出来る

スポーツの授業中にはその分野で活躍している専門のコーチと練習をすることが出来、プロの目線からアドバイスをもらうことが出来ます。高校で体育教師をしている先生の中にも体育系の大学卒で運動に自信があるという方が多いですが、その分野専門となると話は別です。より深く掘り下げた授業を行うことが出来るのは、やはりその道のプロなのです。

今の普通科の授業では物足りないと考えている方は是非一度通信制高校の資料を取り寄せてみてください。自分が好きな分野を学びその道のプロを目指しましょう。

「高校中退」は逆に優位な要素かもしれない

高校中退は、当の本人にとってはあまり好ましくないことのように思われているでしょう。
就職でも不利になる、周りはみんな大学まで進学しているのに自分だけ置いていかれているような気がする・・・などのデメリットが目立つような気がしてしまいますよね。
しかし「高校中退」という要素は、実はあなたに有利性をもたらしてくれるものでもあるんです。
一般的な常識と相反することを言っているようですが、私がこのように思う理由を説明しましょう。


●高校中退の人が通える通信制高校がすごい!

高校を中退しても、人生はそこで終わりません。
通信制高校というところに行けば、再びきちんとした教育を受けることができ、専門的な勉強もできるようになります。
ここには高校中退の人もたくさん通っており、将来の夢や希望を持って学習を行っています。
また、普通の高校では学べないようなこともここでは学ぶことができ、美容系や芸術系、動物系やスポーツ系の資格を取ることも可能です。
中退のせいで専門学校に通うこともできない、資格を取ることもできないと嘆かなくても、ここでならしっかりと勉強することができますよ。


●学費が普通の高校よりも圧倒的に安くなる

また、学費がかなり小さくなるという点でも通信制高校は優れています。
私立だと入学費で3万円、年間の授業料で20万程度かかってしまいますが、公立ならば500円程度で入学でき、1年間でも3万円くらいしかかかりません。
普通の高校と比べたらこれはかなりお得な金額ですよね。
お金の面でもこちらのほうが優れていますし、それでいて専門的な勉強もできるので、高校中退してこちらに通っている方が優位とかもしれませんよ。

高校中退はレールをはずれた人生?

高校中退してしまうとお先真っ暗…。なんてことを考えているかたも多いのではないでしょうか。
それだけではありません。過去の選択に後悔して今後の未来に暗い気持ちを抱いてしまう人も多いですよね。あの時のあの選択が今後与える悪影響について思い巡らすだけで嫌な気分になってしまう…。人生は選択とその結果における後悔の連続です。
ですからできるだけ下す決断は慎重に。そしてあらかじめ結果を大まかに予測しておくことが必要になります。
ですがたとえ一度選択をあやまったとしても、その後の行動で修正することだって十分可能。選択後行動を起こす行動を一歩一歩慎重に、高校中退したのならその後の学校選び、通信制高校なのかまた全日制高校を受け直すのか。
まだまだ若いあなた。この後どうなろうと全然間に合います。明石家さんまの名言を知っていますか? 「生きてるだけでまるもうけ」 生きていることが最良で最善の選択です。


●高校中退した後の道すじ

人生はレールに例えられます。レールの先にはきっとゴールがあるはずです。
そしてそのレールから外れてしまった人もいます。もしかしたら高校中退は世間的には人生のレールからはずれてしまったものだとみなされてしまうかもしれません。
一般的には、普通の全日制高校を出て、それなりの大学を出て、しっかり新卒で会社勤めをして…。そんなビジョンをかかげている人、そしてその人の親がいるはずです。そしてそれに乗るのが最良の人生だとも思われがちです。
ですが本当にそうでしょうか? そんな幼いときに下した決断でその後の人生がすべて決まってしまうのでしょうか?
そうは思いません。レールから少し外れたって、高校中退してからその後通信制高校に通い始めたって、その人の人間的魅力には影響はないと思います。問題はその後の身の振り方ではないでしょうか。


●先人の知恵を学ぶ

先人の偉大な人間たち、偉人たちはみんなレールにしっかり乗っている人ばかりではないはず。レールから外れた人の中にもきっとその後の行いが功を制してきっと偉業を成し遂げた人だって少なくないはず。
偉大な先人の書籍などから知恵を学んでそこから自分の行動指針を立てましょう。過去の経験を、成功体験に苦い経験を活かして決めたあなたの行動方針はきっとあなたを成功に導いてくれるはずです。
実際に、身近な人の中に高校中退した人、通信制高校に通っている人などが要ればその人から話を聞くのも大切です。

高校中退でも大学に行ける方法とは

高校中退をしてから仕事を一生懸命頑張っているけれど、大学でしっかり勉強してみたい・キャンパスライフを味わってみたい、そう考える方も少なくありません。そこで今回は高校中退の方でも大学に行くことが出来る方法についてご紹介致します。


●高校中退の場合は通信制高校で高卒資格を得る

まず高校中退の方の最終学歴は中卒です。このままでは大学の入学試験を受けることは出来ません。そこで高卒認定試験か通信制高校卒業による高卒資格を取得します。高校を卒業したという記録や高校卒業と同等の学力があるということを示すことが出来るため、そのまま大学受験を行うことが可能なのです。


●大学受験に不利なことは一切ない

通信制高校を卒業した資格では、全日制高校卒業生の方よりも受験に不利なのではないだろうかと考える方もいらっしゃいますが、不利になるようなことは決してありません。ただ通信制では通学をせずとも学力が身につくようにきちんとカリキュラムを組んでいるため、全日制より劣るということは全くないのです。もしそうなのであれば、通信制の学校を卒業しても高卒の資格を取得することは出来ませんよね。

高校中退者の方でも、高校卒業の資格を取得して大学受験をすることは可能です。自分のやる気と努力を糧に憧れのキャンパスライフを掴み取りましょう。

卒業と同時に受験資格を取得出来る高校中退後の進路とは

通信制高校の中には卒業と同時にその資格を受験するための受験資格を取得することが出来る学校も存在しています。本来なら高校中退で最終学歴が中卒の状態では受験することが出来ない資格でも、通信制高校を卒業すればそのまま資格受験に取り組むことが可能なのです。


●実務経験が必要でもチャンスを掴める

福祉系や医療系の国家資格系では、実務経験を必要とする資格があります。人の命を預かる仕事ですので当然と言えば当然なのですが、実務経験が何年も必要かつ資格試験自体の難しさもあり狭き門で受験者が減っていた時期がありました。しかし通信制高校などの学校で授業を受け受験資格を取得出来るようになってからは、働きながら受験資格を取得出来るとあって需要もどんどん増えていきました。高校中退などの学歴を問わず、自分の好きな資格を受験出来るようになったのです。


●高校中退でも通信制高校卒業で高卒資格が取得出来る

通信制高校を卒業すれば高校卒業とみなされ、高卒の資格を取得することが出来ます。今後別の分野への道を選んだとしても、高卒の資格さえあればほぼ欲しい資格に手を伸ばすことが出来るので、高卒の資格を目当てに学ぶ生徒の方も沢山いらっしゃいます。

実務経験はその職業に就き働かなければ取得することが出来ません。年数もかかるため若い内にその資格を受験したいという方は卒業と同時に受験資格を取得出来る学校を選択しています。時間とお金を有効に使いつつしっかり夢を実現するためには通信制高校がとてもおすすめです。

高校中退後に専門的な学びを受ける

今の高校がどうしても自分にしっくりこない、普通科で毎日が同じになってしまっていてつまらない、そんな気持ちを抱いたことはありませんか?受験して頑張って入った高校でも入学してみたら考えていた学校と違っていたという意見も沢山あります。先生によってやり方が違う高校では、授業に身が入らなくなってしまう生徒さんも少なくありません。

そこでおすすめなのが、いっそ高校中退をして通信制高校で自分が楽しく学べる専門的な授業を受けるという方法です。ここではそんな専門的な授業を用意している通信制高校についてご紹介しております。


●普通科の授業は中学校の延長線

中学から高校へ進学する際、学校をどのようなやり方で選びましたか?好きなことが明確になっている方は専門的な分野のある高校を選ぶことが出来ますが、自分が今後どのような職業につきたいのかわからないという方は無難に普通科の高校を選んだと思います。
しかし高校生活の3年間は若さと活気に満ち溢れ、吸収力も高い時期。とりあえず選んだ高校で時間を潰すより、より専門分野に特化した授業を受けてプロフェッショナルを目指す方が将来の役に立ちます。


●高校中退は悪いことではない

通信制の学校へ編入・転入することは誰でも出来ます。高校を辞めてしばらくアルバイトをしながら今後の進路について考えるというやり方もあります。高校中退自体が悪いことではありません。妥協して全てを諦めてしまうことが悪いことなのです。自分の決断を大切にして、自分が後悔しない学校を選びましょう。